2018.1.24

― 追悼例会 ―

「故 奥谷晟君を偲んで」
大川 雅司 君

奥谷晟先生は大正12年にお生まれになり、享年93歳で御逝去になりました。戦前、戦中、戦後と近代日本の激動期を体験され、会計業界においても、計理士法から公認会計士法への移行、税務代理士法から税理士法への移行、加えて監査法人制度の創設と、正に現在の会計制度の創世期を担ってこられた数少ない先生でもありました。昭和60年から2年間、日本公認会計士協会京滋会の会長、東京本部常務理事をお務めになり、永年にわたる監査、税務業務功労により、平成5年11月に勲五等双光旭日章を受けておられます。私は10年間先生のもとで御指導を仰いだ上に、京都ロータリークラブ入会時の推薦者にもなっていただきました。これまでの御厚情に深く感謝申し上げますと同時に御冥福をお祈り致します。

「故 滝本雄三君を偲んで」
亀井 邦彦 君

雄三さんは昭和51年の御入会で、平成元年に第65代幹事を務められた。瀧井会長が雄三さんの姓名・誕生日が一番相性が良いと聞かれ、たってのご依頼だった。息のぴったり合った会長・幹事で、お互い遠慮なく物の言えるような厚い信頼で結ばれて居られた。

早くからワインの将来性に注目され、また全国の日本酒や焼酎の蔵元を訪ねて、品揃えに力を入れられた。先見性と本物を見分ける感性、行動力、気さくで面倒見の良いお人柄により、顧客は勿論、全国の蔵元にも心から頼りにされる立派な酒屋さんの御主人だった。ご葬儀には、全国各地の蔵元から400を超えるお花が届いたと聞く。お酒をこよなく愛し、作り手も飲み手も本当に大事にして来られた雄三さんを偲び、追悼の言葉と致します。

「故 九條道弘君を偲んで」
富田 謙三 君

九條道弘さんは、平成3年に京都ロータリークラブに入会、26年間在籍され、79代会長を務められました。ホノルルロータリークラブとの姉妹クラブ提携、京阪神のロータリークラブ連合でのプレ世界会議開催、京都ロータリークラブ創立80周年の折には実行委員長として様々な事業の運営にご尽力されました。

関西学院大学のグリークラブに所属されていたこともあり、音楽に造詣が深く楽しいお話を伺いました。

神職としては、伊勢神宮の宮司職を嘱望されておられましたが、切望され平安神宮の宮司に着任されました。神社庁のいろいろな役職を務められ長老という最高の地位をいただかれるほど高貴な方でございましたが、最後までやさしく接してくださりました。九條さんのご冥福を心から慎んでお祈り申し上げます。

京都ロータリークラブ
〒604-0924 京都市中京区河原町通御池上るヤサカ河原町ビル4F
Tel 075-231-8738 Fax 075-211-1172
office@kyotorotary.com

Copyright (c) 2007 Rotary Club of Kyoto. All Rights Reserved. Site Map