2017.9.27

「綾部市の平和活動と国際理解教育」
京都府綾部市 市長
山崎 善也 君

綾部市は京都府北部の地方都市で、京都縦貫道と舞鶴若狭道、綾部宮津道路が交差するジャンクションがあり、立地条件が良いことから企業誘致も進みオムロン、京セラ、カルビー、本田味、京都薬品工業など大手企業の工場が立ち並んでおります。京都府の南部と北部との間には歴史的に隔たりがあります。みやびな京都に対し綾部はさとびの町であります。由緒ある黒谷和紙は元々平家の落人が作り始めたと言われ、名将 明智光秀もこの地を統治しておりましたが、本能寺の変以来逆臣のイメージがついております。

そんな綾部も現在は平和を願い祈りあるまちを掲げ世界連邦都市宣言 我が国第一号に名乗り出ました。世界連邦は国と国との争いを仲介する機構ですが、綾部市では中東和平プロジェクトも実施しており、イスラエルのエルサレムと友好都市関係を結んでおります。具体的にはイスラエルとパレスチナなど紛争で争う二つの地域の戦争遺児を同時に綾部に招き、ホームステイや交流を通じて相互理解や平和の大切さを体験してもらう事業を行っております。その活動で、子どもたちが紛争相手地域の子どもたちの事を「全く別の世界の人と思っていたら自分と同じ価値観を有する若者だった」「日本に来る前に和平実現は不可能と思っていた。でも自分の親の世代は無理でも、自分達の世代は可能と思える」と残した言葉はこの事業の忘れられない言葉として深く心に刻まれ、この活動に大きな意義があったと実感しております。

綾部市では国際理解教育にも力を入れており、特に英語教育や日本の歴史や文化の教育、また外国からの留学生の受け入れも積極的に行っております。留学生にはあえて畳の部屋に布団を敷いて寝る、居酒屋の座敷で食事を楽しむなど、地方特有かつ最も日本らしい文化のふれあいを体験してもらっております。何年も日本に住んでいるのに始めて体験する日本文化をたくさん味わったと感激してくれる留学生もたくさんいます。日本において京都市や大阪市は日本の顔であり花でもあります。しかし、枝や根っこの部分では地方都市がそれらの花を支えているつもりです。日本にもこのような豊かな地方都市があることを発信し、次世代を担う若者がこれから活躍できる環境作りに努めてまいります。

京都ロータリークラブ
〒604-0924 京都市中京区河原町通御池上るヤサカ河原町ビル4F
Tel 075-231-8738 Fax 075-211-1172
office@kyotorotary.com

Copyright (c) 2007 Rotary Club of Kyoto. All Rights Reserved. Site Map